清水焼

  • 東館2F
  • 伝統工芸/京都府
京都における焼き物の歴史は、千二百年以上前までさかのぼります。
奈良時代に、僧行基が清閑寺(東山区)に窯を築いて土器を製造しており、その遺跡が茶碗坂といわれています。
作家や窯元によって特徴が異なり、ヴァリエーションが豊かな清水焼。
少量生産で主に手作業でつくられます。


清水焼
Topへ戻る